【評価】ホラーゲーム「僕が僕を」を実際にプレイした感想【レビュー・考察】

ゲーム

本記事では、無料のホラーゲーム「僕が僕を」の評価やネタバレ、考察などを書いていきます。

結論「パパっと遊べて面白いホラー風ゲーム」だったので、未プレイの方はぜひ遊んでみてください。

「僕が僕を」の基本情報

  • プレイ時間:15分前後(筆者は30分ほどでクリア出来ました)
  • エンド数:5(TRUE1・BAD1・他3)
  • 推奨年齢:15歳以上(高校生〜)

「僕が僕を」物語冒頭のあらすじ・概要

「当選おめでとうございます!」

「あなたは世界に選ばれた、唯一無二の存在です!」

「幸せな人生を謳歌してください!」

ゲームを始めると、このような文章が表示されます。その後にゲームが始まり、変な棒棒人間たちと、天使?が二人いる空間で、色々調べることができます。

不気味な感じで面白いのですが、エンドには影響ないので、何も調べず真ん中の扉をチェックしてもOKです。

操作説明はなし、謎めいた文章から、ぬるっと始まります。
操作説明はなし、謎めいた文章から、ぬるっと始まります。

「僕が僕を」を実際にプレイした感想・評価

「僕が僕を」を実際にプレイした感想・評価

個人的に「パパっと遊べて面白いホラー風ゲーム」だと思いました。

このゲームはブラウザ版があるので、ダウンロードせずにスマホでも遊べます。

所要時間も30分ほどなので、少しの合間にプレイできて良かったです。

怖い描写はある?ホラーゲーム初心者でも楽しめました

ホラーゲームを遊ぶ前って、「怖すぎてトラウマになる描写はない?」と不安になりますよね。

一応答えておくと、筆者はホラーゲーム初心者ですが、すごく楽しめましたよ。ホラーゲームを初めて遊ぶ方にとっても、良いゲームだと思います。

追いかけ要素はある?←ありません

「僕が僕を」には、鬼ごっこのような追いかけ要素はありません。純粋に、考察などを楽しむゲームかなと思います。

ゲーム実況に向いている?単発系に向いていると思います

ゲーム時間は30分前後なので、単発系のホラーゲーム実況に向いていると思います。

「僕が僕を」のネタバレ・考察

「僕が僕を」のネタバレ・考察

①父に数回話しかけると、おこずかいが貰える

おこずかいは、図書室の左下の棒人間に「あるもの」と交換してもらえます。

あるものとは、、、「かみきれ」ですね。持ち物をチェックすると、バカとかかれています。。。。。

②ゲーム開始時の部屋は、生まれる前のことを示唆している?

天使が居るということと、画面左上のところを調べれば分かる通りだと思います。

そして主人公は、生まれた後は愛されず、カウンセリングを受けるほど病んでいたみたいですね。

③カウンセリングで愛を捨てる選択をすれば、Trueエンドです。

カウンセリングは全ての部屋を調べる必要はなく、絵画の部屋がキーになっています。

その後にカウンセリング室に行き、愛を捨てる選択でTrueエンドです。

また、愛を拾わずに進めると、別エンドです。絵画の部屋右上の空いている部分を調べると、主人公のイラスト付きで「........」というセリフが見れます。

まとめ:「僕が僕を」は面白いので、ブラウザ版で遊ぶべし

以上が、無料のホラーゲーム「僕が僕を」の評価や物語のあらすじ・考察でした。ブラウザ版もあるので、興味のある方は「ふりーむ!」からチェックしてみてください。